ご褒美系600円以下チョコレートおすすめ3選。月イチは食べたいやみつきシリーズ

どうもこんにちは。チョコレートが大好きです。

密かな楽しみ、自分へのご褒美と称し、たまに高めのチョコレートを食して自分を満たしています。

育児や家事、仕事などに何かに追われているなら、今こそチョコレートです。

子どもがプラレールに夢中になってる間に、そっとチョコレートを食べてる時の私です

一粒で瞬く間に幸せになれものって何? That’s チョッコレーツ。

ということで、ご褒美系チョコレートのおすすめをご紹介します。

3ヶ月に1度くらいなら高級チョコでもいいかもしれませんが、ここでは1ヶ月に1回を想定。

そのため、日常的に買うには抵抗があるけど、たまには買えるお値段、600円以下のチョコレートを選出しました。

600円以下! ご褒美系チョコレート3選

1. ヴェルタースオリジナル キャラメルチョコレート マーブルミルク(ドイツ)

ドイツのチョコレート。

裏面の商品説明にはさりげなくこんな言葉が。

まさに「キングオブキャラメルチョコ」と呼べるチョコレートです。

おっと・・・・言うじゃねえか・・・食べようじゃないの・・

バリッ

この包み方、テンション上がる。

カサカサッ

確かにマーブル模様

パクっ。・・・・・

え、、、、

うそみたいに、、、おいしい・・!!

まさに・・・

キングオブキャラメルチョコや〜!!

キャラメルはそんな強くなく、でもキャラメルの味は確かにする。チョコボールのキャラメル味のようながっつりキャラメルな感じも、歯にくっつく感じもない。

上品な風味。それなりに濃厚さがある。

5個一気食いするようなチョコレートではなくて、2個で満足感が得られるタイプのチョコレートです。

500円くらい。

2. リンツ リンドール・ミルクシングルス(スイス)

スイスの有名なチョコレートブランド「Lindt(リンツ)」。

すでに150年の歴史がある=ずっと人々に愛され続けているブランドです。

もうスイスってだけで、すでにおいしい

ここでは板チョコのようなパッケージのチョコを紹介していますが(安めなのでね)、丸い形の商品が有名なので、見覚えがある人も多いのではないでしょうか↓

リンツの中でも一番人気なのが、「リンドール」と名のついたチョコレート。

そして一番人気のある味がこのミルクなのです。

このミルク味が、ま〜あおいしいこと。

私はふだんはダークチョコ派なのですが、このミルクは大好きでして。

なめらかで、とろける感じがたまらんのです。

中が微妙に層になっていて、やさしくかむと外側と内側で硬さとなめらか具合が違っていて、それもイイ。

そのままポイと口に放り込み、なめてとろけさせてもウマい。

パッケージの見た目は板チョコなので、うっかり見くびってしまうのですが、度肝抜かれますよ! とにかく普段着な見た目とは裏腹に、「イイもん食べてるな・・・」って気持ちになって満たされます。

100グラムで、500円くらい。

リッチな味って、このことだと思う。しみじみおいしいチョコレート。

3. 呼吸チョコ(大阪)

大阪土産の新定番として名を馳せた、まるしげの「呼吸チョコ」。

もともとはティラミスチョコレートとして販売していましたが、2006年に商品名を変更し、呼吸チョコという名に。

味は期間限定フレーバーをあわせて6種類。

定番の味には、地名が冠されています。

もともとティラミスチョコレートという名前だった商品は「呼吸チョコ 北新地/ココア」。

ちなみにですが期間限定商品のいちご味や、比較的最近発売したバナナ味には、もはや地名はついていません。

なんで「呼吸チョコ」って名前なのかって? それは「できたての味を息づくほど新鮮なうちに食べてほしい」という思いから。

なるほど〜。ってわかるようなわからないような・・わからないような。ともあれナイスネーミング。

このココア味は、マスカルポーネチーズクリームとポリッとしたアーモンドが入っていて、やはりティラミスっぽい

出典:まるしげ公式サイト

味は庶民派寄りなんだけど、なめらかで、ポリポリしてておいしい。

濃厚でリッチな味を食べたい人には向かないけれど、ポリポリぱくぱく食べたい人にはぴったりかと。歯ごたえ欲してる人にもイイ! 

呼吸チョコは関西の駅や空港以外では手に入りにくいので、初めて見た人も多いかもしれないですね(東京では、有楽町の交通会館1階の「大阪百貨店」で現在のところ入手できます)。

もし食べたことがなければ、一度ポリポリしてみてはいかがでしょうか。

スタンドパック(90グラム)で560円程度です。

季節限定で「いちご味」があるのですが、いちご味もおすすめ。ちょっとした酸味が効いてて、おいしい。いちご味好きは、ぜひ。

まとめ!

では改めて、個人的キャッチフレーズとともにまとめますと・・

欧州の王族 しっとり、うっとり「ヴェルタースオリジナル キャラメルチョコレート」! 

あんたは貴族! 鳥貴族じゃないよ、貴族だよ?「リンツ リンドール・ミルクシングルス」!

東洋のおきゃんな町娘 「呼吸チョコ」!

ちなみにこれら3つの中からどれか一つ選ぶとしたら、2番目の「リンツ リンドール・ミルクシングルス」ですね。

妙に、妙にハマる何かがあるんですよ。リンツには。

800円くらいでもふつうに売れると思う。スイスの良心を感じますね。毎日買える値段ではないにしろ、安い!

関連記事