布おむつ一式そろえたらいくらかかる? 実際にかかった金額と、紙おむつとの料金比較

息子を布おむつで育てています。

布おむつ育児で、実際にいくらかかったかを計算してみました。本記事では

・布おむつを一式そろえた場合のリアルな内訳と金額

・布おむつ、紙おむつ併用型がトータルでおむつにかかる金額

・紙おむつにかかる金額

を中心にご紹介します。

布おむつ育児にかかるリアルな金額が、これから布おむつを考えている方の何らかの参考になれば幸いです。

驚いたことに紙おむつオンリーと、布おむつ・紙おむつ併用型を比較しても15万円以上は差がありました。布おむつの節約効果は絶大です。

我が家の布おむつ基本情報

我が家の基本情報を参考までに列挙します。

・男の子

・現在1歳8ヶ月

・布おむつは生後2ヶ月半から

・基本は布おむつ、就寝時・長時間の外出は紙おむつ

まずは布おむつ・紙おむつ併用型である我が家がいくらかかったか、内訳とともに見ていきましょう。

布おむつ・紙おむつ併用パターンにかかったリアルな金額と内訳

わかりやすいように、端数(1円単位)は切り上げて計算します。

布おむつ代

布おむつ>>2060円×2セット=4120円

輪おむつを使用。輪おむつはすぐ乾く&自由度が高いのでおすすめです。

布おむつカバー代

布おむつカバー>>7930円(計7枚)

布おむつには、カバーが必須ですね。

布おむつカバーって何? 布おむつはカバーと本体をセットで使うよ

▲2ヶ月半〜1歳でよく使った星柄カバー。

3ヶ月〜1歳8ヶ月の現在も使っている3枚セットのカバー。私が使っているのと同じ柄はもう売っていないため、こちらは柄違い。amazonのみでの取り扱い。

ふつうなら1枚しか買えない値段で3枚セット。そのうえずっと使ってるので、改めてコスパ最強です。

内ベルト式のカバー。Wガーゼ綿使用で、親としても使い心地がよかった。こちらも私が使っていた柄は売り切れ中のため柄違い。

成長してきたため、立ったままでも替えられるカバーが欲しくて1歳5ヶ月頃に購入。

同じく立ったままでも替えられるカバーを求めて1歳5ヶ月頃に購入。

パラソルハンガー代

パラソルハンガー>>1500円

布おむつを干すのに便利なパラソルハンガー。その名の通り、傘のような形状をしたハンガーです。

じつのところ理想的なパラソルハンガーにまだ出会えておりません。そして1つ壊したので買い足していますが、便宜上ここでは1本で計算。

バケツ代

バケツ>>200円

布おむつのつけおき用に使用。

布おむつ一式にかかったリアルな合計金額

改めて一覧にして金額を見てみましょう。

項目 金額
布おむつ(2セット) 4120円   
布おむつカバー(7枚) 7930円
パラソルハンガー 1500円
バケツ代 200円
合計 13750円

しめて13750円でした。

これが布おむつ・紙おむつ併用型で、布おむつ一式そろえるのにかかったリアルな金額です。

布おむつはこれから増える予定はありません。

布おむつ併用型が使う、紙おむつの金額

では、我が家のような布おむつ併用型は、どのくらい紙おむつを使うのでしょうか。

月齢によって紙おむつは、1パックあたりの枚数・替える頻度・値段が異なります。そのため超ざっくりですが平均化して計算してみます。多めに使うと仮定して、ひと月で1パック使う場合の金額です。

月1パック使用:1300円/月

3歳で外れると仮定:1300円×36ヶ月=46800円

紙おむつ代は、46800円かかることになります。

では布おむつとあわせて計算してみましょう。

13750円 (初期費用)+46800円(紙おむつ)=60550円

布&紙併用型は、おむつ外れるまでに布おむつ&紙おむつにかかる金額は60550円ということになりますね。

布おむつオンリーで育児した場合にかかる金額

では次は、就寝時も外出も布おむつだけで育児した場合を概算してみます。

併用型に上乗せされると考えられるのが

・布おむつ1セット 2060円

・布おむつカバー3〜4枚 3240円

(※3枚セット&1枚売りの金額で計算)

計5300円。

13750円+5300円=19050円

布おむつオンリーにした場合の概算は、19050円です。

おむつが外れるまでにかかるトータル金額の比較

これまで、布おむつを一式そろえた場合の金額を見てきました。

では、おむつが外れるまで紙おむつオンリーで過ごした場合はどうでしょうか。

紙おむつで育児をした場合にかかる金額

企業ページ、実際かかった金額を計算した個人ブログを回遊して調べてみました。

3歳でおむつが外れる仮定して、おおむね同じような金額が算出されていました。

約22万円

詳細に興味があれば、こちらの企業ページが参考になります。

布おむつと紙おむつのトータル金額比較表

ここで改めて、比較表でまとめます。

おむつが外れるまでにかかる金額を比較しました。

項目 金額
布おむつオンリー 19050円
布おむつ・紙おむつ併用型 ※ 60550円
紙おむつ※ 220000円

※3歳でおむつが外れると仮定した場合

改めてみると、桁違いですね・・・!

ちなみに「紙おむつ」の金額には、おしりふき代が含まれていないので別途プラスされます。

布おむつを使う場合の、そのほかの出費

また、布おむつは洗剤や水道代が別途かかります

水は生活全体に関わるので、布おむつでどのくらい使っているかはわかりませんが・・・。といってもお風呂の残り湯を再利用できるので、どんな多く見積もっても+1000円/月はいかないのではないでしょうか。

おわりに

改めて見てみると、布おむつは基本的には初期費用だけですから家計的には大変助かりますね。

併用型でも、紙おむつオンリーと比べると約16万も違うのですね。アジアのリゾート地でのんびりできちゃうほどの金額・・・!

さらに下の子に再利用したら初期費用さえ不要です。

家計的負担は段違いです。私は1万円は将来の5万円だと思いながら生活してますので、布おむつの存在が大変ありがたいです。

子どもが小さなときにかかるお金は結局おむつ代だと思いますので、ここが抑えられれば子育て、特に小さいときはお金がかからないですね。

【あわせて読みたい】

by
関連記事