【地味に節約】カフェで注文するときに、覚えておきたいシンプルな節約思考法

「節約したいならカフェ入らなければ」なんて架空の声が聞こえてきます、こんにちは、ヨシタカです。

基本的に節約したいけど、カフェには入りたいって人は多いのではないでしょうか。

私はそのタイプでして、喫茶店などが好きなので、カフェ断ちは「ガマン」や「ツラい」に該当します。ツラい節約なんてしたくない

かといって、カフェのカードを駆使したり、マグカップを持ち歩いて節約するのもめんどくさい。そもそもカフェって、突然行くことになるケースがほとんどではありませんか? 

なのでシンプルに思考を変えることにしました。

そしたら地味にチリツモ効果で節約になっています。しかもストレスはナシ。

ということで本記事は、節約志向だけど、カフェはやめられない! といった方に向けた記事です。

スタバやドトール、サンマルクカフェなどのチェーン系カフェに行くときに、頭に入れておきたい地味な節約思考をお伝えします。

カフェで節約につながる思考法

やることは一つだけ。

カフェでは、Sサイズを注文する

この1点だけ押さえれば、カフェに入っても必要以上にお金を使いません。

Mサイズを頼んでいませんか

カフェでMサイズ・・スタバで言えばトールサイズと、無意識に真ん中のサイズを選んでいませんか?

行動経済学でよく言われることですが、人は「3つあると真ん中を選ぶ」傾向にあります。

プラスにせよ、マイナスにせよ飛び抜けた性格を持つ選択肢を加えると、「中間」の性格を持つ選択肢が選ばれる確率が高まる、というものだ。

引用:『経済は感情で動く』より

私はまさにコレで、SMLがあればMを頼むし、松竹梅なら竹を頼むし、とんかつ屋さんのとんかつレベルが3つあれば、中間を頼んでいました。

でもよく考えてみてください。

本当にそのサイズ、必要ですか?

カフェに来た目的を考える

そもそもカフェに来た目的は何でしょう。

  • 友人とご飯のあと話し足りないので寄った
  • ご飯のシメに甘い飲み物が欲しくて
  • 休憩
  • とりあえずどこかに落ち着いて座りたかった
  • 仕事や勉強の場として利用するため

だいたい理由はこのへんで、

「飲み物ォォォ〜〜、どうしても飲み物をたくさん飲みたいぃぃ・・・・!」

ってことって、さほどないと思うのですがどうでしょう?

そしたら、大きいサイズの飲み物を頼む必要は本来ないですよね。

節約効果はどれくらい?

さて、具体的にはどれくらい節約になるのでしょうか。ドトールのアイスコーヒーで検証してみます。

【平日は毎日カフェに通っている場合】

アイスコーヒーMサイズ:270円×20日=5400円

アイスコーヒーSサイズ:220円×20日=4400円

1ヶ月で1000円の差、1年で12000円もの節約になりますね。

Lサイズ(320円)の場合は、Sサイズとの差は2000円/月にもなります。

平日毎日カフェに通う人はあまりいないかもしれません。ですが私はお金がない新卒のとき、部のメンバーでお昼に行ってそのままドトールに行く、という慣習がありました。

当時新人で、スッといなくなるというワザも頻繁に繰り出せなかったので、お金が厳しかったです。

会社やサークルの集まりやママ友とお茶に行くなど、同じような状況になった場合は、注文しないわけにもいかないので「頼むのはSサイズ」と決めておくと地味に節約になりますよ。

本当は、目の前にある量で足りる

さて、たくさん飲みたければ、もちろん一番大きなサイズを頼んでいいのです。

だけどお水やお茶、スポーツ飲料などと違って、コーヒー、ココア、カフェラテなどの嗜好品の飲み物って、冷静に考えてみると目の前にある分量で十分足りると思いませんか

私はそもそも頼むとき、各サイズがどのくらいの大きさか知りません。

だから実際はSサイズのものを「Mサイズです」って言われて提供されたならMサイズのつもりで飲むはずです。

ちょっとわかりにくい例だったかもですが、とにかく目の前に出てきた飲み物の量で、満足できるんですよね。

そして誰しも、本当は目の前の量で満足できるはずだと思っているのですが、どうでしょう。

スタバのトールサイズなんて、ドトールのLサイズより大きい気がしますし、「Sサイズを」と頼んだ飲み物を「Lサイズだ」と自ら暗示をかけたり、どのサイズで頼んだかを忘れてみれば「Lサイズ」のつもりで飲めますよね。

例えば友人がSサイズを買ってきてくれたとして、「Lサイズ買ったよ」と言われればLサイズとして飲むと思うのですよ。

ちょっと意味わかんなくなってきたと思いますが、そんな感じです(雑)。

「MサイズとSサイズ、ほとんど量一緒だよ」と彼女は言った

10年前の話ですが、学生時代にド○ールでアルバイトしていた職場の先輩が言っていました。

「MサイズとSサイズ、量はほとんど変わらないんだよね」。

え。

昔の話なので今はわかりませんが、カップの大きさは明らかに違うけど、内容量はさほど変わらない、っていうことはどのお店にせよ珍しいことではないような気がします。

とにかく私はドトールは好きなのは強調しておきます。

まとめ!

  • カフェに入ったら頼むのはSサイズ
  • だってカフェに入った目的は、飲み物じゃないから
  • 飲み物だったとしても、Sサイズの量で満足できる

地味ではありますが、確実に節約にはなりますので気が向いたらやってみてくださいね。

もともとSサイズ頼んでた方でここまで読んでくださった方は、すみません!

【あわせて読みたい】

by
関連記事