まさに地獄! 激辛すぎてはじめてギブアップした火鍋の素。食べる前からすでに辛いってコレ!

いろいろな火鍋の素を家で試しています。

先日食べた火鍋の素が、辛すぎて初めて途中でギブアップしました。これでも私、頑張った方。夫は早々に戦線離脱していました。

いや〜、本当に辛かった〜・・・。

私は中華調味料の老干媽(ローカンマ/ラオガンマ)が好きで、毎日のようにつまんでいます。

辛いモノ好きに捧ぐ。中華調味料のローカンマ(老干媽)って知ってる? 死ぬ前に一度は食べたい具入りラー油

なので中華的な辛さには免疫がある方だと思うのですが、それでも途中からは

「これは・・食事じゃない、修行や。修行なんにゃ・・!!!」

と自らを鼓舞しないと箸が進まないほどの辛さ。

でも友人は同じものをサラッと食べていたので、食べられない辛さではないはず。現に売ってるということは、食べ物だってことですから・・・。

いや、でもとにかく辛かった。ほんとに。興味あればチャレンジして感想教えてください!

海底撈(カイテイロウ)鍋の素マーラースープ(海底撈 精油火鍋調料)▼

辛すぎる火鍋の素 : 海底撈鍋の素 マーラースープ

今回食べたのが、

海底撈(カイテイロウ)鍋の素 マーラースープ」。

海底撈は、中国の火鍋レストランの名称。海底撈は過剰な接客が話題で、私が行った時も列に並んでいる間に「タダでネイルをしてもらえるサービス」に度肝抜かれたのを覚えている。

現在は日本にも進出しているようですね。>>海底撈火鍋 新宿店(ほか池袋、心斎橋など)

そもそもなぜ海底撈の火鍋の素を選んだのかと言えば、中国の知人に「火鍋の元ならこれが人気があり、私も一番好きだ」と教えてもらったからだ。

結果的に本場の舌と自分の舌の違いをまざまざと理解したわけだが、彼女が言うように基本的にはおいしくて人気がある火鍋の素、という認識の商品である。

海底撈 マーラースープをいただきます

では、いざ、いただきます!

鍋の素に900mlの水を加え、火にかける。

赤い・・・・

以前火鍋の素について、「加える水は、表記されている分量よりも多く入れた方がいい。濃いから」と中国の知人からアドバイスをもらっていた。

しかし今回うっかり忘れていて、表記通りの900mlきっかりの水で割った。

まだ食べてないのに、なんか辛い

むぁっ・・・・

グツグツ煮立ってきた頃から、予兆は始まっていた。

夫が「もう舌が痺れる感じがあるんだけど」と予言

2歳息子は「ん?」と目をパチパチクシャクシャし始め、突然くしゃみを数回。私もくしゃみが続けざまに何回も出る(太陽見るとくしゃみが出るタイプ)。

鼻から息をスーッと大きく吸ったらやばい雰囲気ギンギンである。

よくわからないが、目が辛くなってきたような気までする。目が・・・目がやられるっ!!(気持ち的な問題で実際目は無事です)

このまま火鍋の素だけで煮続けるとやばいと感じ、具材を投入。

続けざまに夫がうどんを投入。

why?

なぜこのタイミングで? うどんを? 最後のシメで入れるのがいいのに! 

しばし怒りを露わにしたが、彼のこの行動がのちの私を救うことになる。

「辛いだけだ」

具材が十分煮えたところで、食べ始める。いただきます! 

と、早々に

これは・・・辛いだけだ。辛いだけでうまみを感じない」

「ただただ、辛い」

「明日の腹、、いや今日これからが本当に心配だ」(夫は腹が弱い)

「辛すぎて具の味がもはやわからない」

そういくつかの言葉を吐き捨て、夫は席を立ち、台所へ消えた。

小鍋に、次に投入するはずだった具材を水だけで煮始め、小鍋と味ぽんとともに食卓に戻ってきた。

そう、彼は早々に火鍋から戦線離脱したのだ。

「無理して食べなくていい」

私だって、同じくすでに辛い。心中は完全に「辛い」の一言がこだまする。しかしこの日、火鍋を激推ししたのは私。

戦線離脱した彼を横目に、黙々と食べる。いろいろな火鍋の素を試したけど、私ははじめて、はじめて汗をかいていた。

辛いのか、それとも「ワイが食べんでどうするか」のプレッシャーによる冷や汗なのかはわからない。

・・・何よりキツイのが豆腐である。

豆腐を持ち上げてごらんなさい。これは何? 花椒?花椒の実なの?? 花椒の実がびっしりと・・・くっついてくるんだから・・。

しかも豆腐煮すぎてて、いい具合にマーラー感が染み込んでる。死。

しっかりと下に沈んで汁を吸い込む豆腐

もう豆腐をこのまま食べるのは無理。グツグツ煮立った鍋を一瞥し、「地獄鍋」の方がネーミングがしっくりくるなと思った。

次にわかったのは、うどんを最後に投入したことも関係しているのか、うどんは比較的辛さを心底感じずに食べられるということだ。うどんを食べて、鍋の量を減らす。

さらに私は、次に投入予定だった生の白菜で、きのこ類や、すでに煮た白菜を生白菜で包んで食す技を繰り広げながら黙々と食べた。

そう、地獄。ここは地獄なのだ。がんばれがんばーれじっぶっんっ!

・・

・・・

「無理して食べなくていい」

振り返ると菩薩にも似た雰囲気を漂わせながら

「無理して食べなくていい」

夫は、2回繰り返した。

そうだ、これは食事なのだ。楽しい楽しい食事のはずだったのだ。

しかしいつの間にか、修行になっていた。「私が食べなくて誰が食べる」「火鍋に・・・負けない・・・・!!」

・・・・

・・・・・・

カラン・・・・(箸を落とす音)

私は・・・・負けた。海底撈の火鍋に負けた。惨敗だ。

1/10ほど残して、私は去った。あと少しなのに、どうしても先に進めない。

今振り返れば、火鍋を食べるたびに火鍋の油っぽさに一言言いたくなるのだが、油のことなど今回ばかりは頭をよぎらなかった。

もしかしたら他の火鍋の素よりも、実際に油っぽくないのかもしれない。

辛い鍋の素のおすすめは、キムチより「火鍋」。地獄のようなグツグツを、家で食べよう

ただ、これだけは言える。

そう。海底撈の火鍋は、あまりに、あまりにも・・・辛すぎた

敗因を振り返る

ここで改めて敗因を振り返ってみる。

・パッケージの表記通りの水の分量で割ってしまった

・豆腐を入れすぎた

・そもそもこの火鍋オンリーで食べるべきではなかった

火鍋というものは、一つの鍋に仕切りがついており、半分は辛い味、あとの半分はまろやかな味で構成されているのが常である。思い起こせば、海底撈のレストランで食べ時は完食したのだ。

我が家は仕切りのついた鍋なぞ持っていないから、辛い火鍋一本勝負だった。

せめておかずに、まろやかな何か・・・スティック野菜のマヨ味噌付けなどだろうか。そんな何かがあればよかった。その日の我が家のおかずは、よりによってキムチと沢庵だった。

そういえば海底撈の火鍋の素を完食した日本人の友人から「練りごまと一緒に食べると、食べやすい」と練りごまを手渡されていたのだった。完全に忘れていた。

次こそは・・・海底撈の火鍋に・・・必ず勝つっ!!

海底撈鍋の素マーラースープ(海底撈 精油火鍋調料)▼

すすめられた練りゴマは、かどやの「なめらか自慢ねりごま 白」▼

【あわせて読みたい】

辛いものがお好きなら、ローカンマは最高の調味料です▼

おすすめ火鍋の素ランキング▼

あわせて読みたい
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です