二槽式洗濯機で洗濯物がからまって困る! を解消する2つの方法

こんにちは、二槽式洗濯機ユーザーのヨシタカです。

全自動からに乗り換えたくらい二槽式洗濯機のファンなのですが、唯一困ったのが、「洗濯物がからまる」でした。

二槽式洗濯機の素晴らしさを語ろうと思う。〜全自動から乗り換えました〜

時代的にかつて二槽式洗濯機を使っていた母に当時の対策を聞いてみると「何もしてない。からまったまま」と返答が。

なるほど、「そういうもんだから」で受け入れるのもまた一つの技術と言えます。しかし日々の家事であるからこそ、なくせるストレスはどんどん減らしていきたい。

そこで調べたり、試行錯誤したりともろもろ対策。

その結果、劇的に解消とまでは言えませんが改善が見られ、ストレスはだいぶ軽減しました。

ということで本記事では、洗濯物のからまりを解消する2つの方法をご紹介します。

洗濯物のからまりを解消する2つの方法

脱水槽に移すときにからまりすぎて、重くて絶望してました

全部からまってるんじゃ? ってくらい洗濯物がからみあってると、地味に「ハア・・・」が積み重なっていくその気持ち。

地味なストレス、今こそ排除するときです。

1 洗濯物の量を減らす

溜まった洗濯物をすべて洗濯すると、量がかさむ分、からまりやすくなります。

なので洗濯機に入れる量を減らす。

・毎日こまめに洗濯する

・週に数回洗濯をするタイプなら、1回の洗濯につき複数洗濯機を回す

のどちらかになると思います。

しかし、それが面倒な場合は?

そんな場合おすすめなのが、グッズに頼る次の方法です。

2 洗濯ボールを投入する

「洗濯ボール」なるアイテムを洗濯機に入れて、洗濯物と一緒に洗濯・すすぎ・脱水をします。

入れるだけでからみにくくなる超お手軽アイテム、それが洗濯ボールです。

これだけで、本当にからみにくくなりました。

もちろんまったくからまない! とは言えず、例えばこの程度はからみます↓

リアルな洗濯物で美しくなく恐縮です

ですが今までからみまくってて一瞬ズーンとしていましたが、激しいからまりが解消するとともに、その気持ちもなくなりました。

ポンと入れて、洗濯物と一緒に洗濯機を回すだけなので、ラクです。

洗濯ボールは、6〜10個程度入れるのがおすすめです。

私は最初4個だけだったのですが、洗濯物が多いせいか効果は5%程度しか感じられず。

現在は10個使っていて、満足な結果が出ています。

私は洗濯ボールの存在を知らなかったので、「こんなシンプルな方法で?」と半信半疑でしたが、からまりにくくなるもんなんですね。

そしてからみにくくなると、快適になります。

いくつか試しましたが、現在おもに活躍してるのは、この洗濯ボール。

軟質樹脂なので、やわらかいです。

ちなみに使ってないときには、洗濯機にポンと入れておけばいいので場所も取らないのも細かいことながらうれしい。

もし少しでも洗濯物のからまりにモヤッとした気持ちが少しでもあるなら、ためしてみても損はないと思いますよ。

日々の気持ちよさが、アップしますから。

【あわせて読みたい】

服や布モノを少なくして、根本的に変えていくのもいいですね。

断捨離が進むと、貯金額が増えます。

関連記事